トップ

歯科治療でのアレルギー反応

歯科に関する雑学

看板

歯科用素材が原因のアレルギー

むし歯や歯周病などで歯の一部もしくは全部を失ったところを補うために歯科ではかつて水銀アマルガムが使用されていました。今は健康保険がきく金銀パラジウム合金が用いられています。実はこれらの金属が原因でアレルギー反応が出ることがあります。例えば、原因不明の頭痛や皮膚疾患に長年悩まされていて医者にかかっても原因が特定できずにいる、などというケースがあります。このように原因不明の症状の原因として意外と見落とされているのが歯科で用いられている重金属材料によるアレルギーです。特に昔は広く使用されていた水銀アマルガムは合金の状態で固まっていても少しずつ溶出して体に吸収されて水銀中毒になって頭痛などの神経系の症状の原因になるケースがあり、口の中から水銀を除去したら症状が改善されることがあるのです。

治療によるアレルギー

歯科治療で用いられる詰め物や被せ物の金属が、アレルギー症状を起こす事があります。長引くアトピー性皮膚炎や頭痛、肩こりなどがある人は、1度医療機関で調べて貰うと金属が原因になっている事があります。。ニッケルやコバルト、パラジウムなどの金属そのものに反応して症状が起こりますが、金属から溶け出した毒素が体内に回り免疫機能に異常を起こし皮膚炎などの症状を起こす事もあります。また金属から出る電磁波に対しての過敏症があり、不眠や頭痛などが起こります。昔使用されていた歯科麻酔の防腐剤にアレルギーを起こす事がありましたが、現在では防腐剤は使用されなくなりほんど無くなりました。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科治療でのアレルギー反応. All rights reserved.