トップ / 歯科を新たに開業する場合

歯科を新たに開業する場合

歯科開業のコスト

看板

歯科の開業をスムーズに行う方法

居抜きというのは、以前他の人が使用していた時の内装や設備などがそのまま残されている状態の物件を指し、同じ業態の施設や店舗などを開業する場合には、物件内の内装や設備などをそのまま活用することができる点が魅力です。歯科を新たに開業する場合、内装工事や医療機器の購入などに対して多くの費用が掛かりますが、居抜きを活用することによって開業コストを大幅に抑えることができるというメリットがあります。また、開業準備の期間を短縮して歯科を開業させることができるため、できるだけ早く開業させたいと考えている場合にも大変役立ちます。

居抜きをする所も増えている

今やコンビニエンスストア並みに数が多いといわれている歯科クリニック、開業しても経営難に陥り病院を閉めざるを得なくなってしまっている歯医者も後を絶たないようです。他の科に比べてみても、この科は非常に設備投資にお金がかかり、医療機器もかなりまとまったお金が必要です。そういったことも影響して、最近は歯科クリニックの居抜き物件も増えており、そのまま開業できるといった物件も珍しくはないようです。しかしやはり医療機器にも流行り廃りがあるので、自分が行う治療に必要なものか否かでしっかりと判断したうえで契約しないと、後悔することにもつながってしまいます。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科治療でのアレルギー反応. All rights reserved.